大学 更新日 2018.02.21

大学受験は独学で挑む?それとも予備校に通う?

高校での勉強さえきちんと理解できていれば、独学でも大学受験に挑むことができるという人と、予備校に通ってこそ、大学受験の準備が完全に行えると考える人がいます。このように相反した2つの考え方がある大学受験について、掘り下げてみました。

大学受験は独学でも通じる?

独学で大学受験を突破したという体験談を多く耳にしますが、その秘訣は何でしょうか?高校時代の学習内容にもよるのですが、進学校で受験対策を普段から行うようなカリキュラムの中で高校生活を送っていた人にとっては、独学での受験はそれほどハードルの高いものではなさそうです。
塾や予備校に通う時間をカットして、自分に合うペースで受験勉強を行い、入試を制するというのは、なんとも爽快感のあるものです。独学だからと言って、志望校を落としているわけではないのです。ここで差がでるのは勉強法です。成果を上げる勉強法によって独学でも受験に挑めるわけです。

自分に足りない部分を知る才能があれば

独学で勉強をするということは、周りに惑わされることもなく自分の成績を上げ続けるという地道な作業です。お金を出して大手の塾や予備校に通うことよりも、自分の勉強法を見出して、偏差値を上げることに成功できれば、独学でも受験突破は十分に可能になるのです。独学で大学受験に挑むためには、周りに惑わされない志の高さと、負けん気の強さが必要です。誰かに言われたからやる、という勉強法ではなく、自分で自分の弱点を見つけて、拍車をかけるという追い込み法です。
自分に弱い分野に気が付くと、何度も自分に言い聞かせて類題を解き、そのノウハウを自分で会得していくものです。その結果、塾や予備校に通っている人とは格段の差を感じるメンタルの強さを身に着けられるものなのです。それこそが、大学受験を独学で突破できるコツなのです。

独学のメリット デメリット

独学で大学受験を攻略する勉強法を会得し、実際に大学受験を勝ち取った人が一番に挙げる独学のメリットとは、自分のペースを守りながら勉強を進められるという点です。他の方法では、ある程度定められた方法や時間の中で受験勉強をすることを強いられます。その点独学の場合には、自分で参考書を選び、使いやすい問題集を手元に置き、必要なだけ勉強時間を確保するという、オーダーメイドな受験対策を講じることができるのです。また、経済面での負担の少なさもメリットと言えます。

逆に、デメリットとしては、自分に強くなり勉強の計画を立てる必要があることです。すべてを自力で行う自信のない人には、独学は向きません。すべてにおいて、自分に計画力あるかどうか?が決め手になるのです。そして、受験勉強の環境下に自分を置くモチベーションを、持続させられることが難しいという点もデメリットとして挙げることができるのです。

予備校に通うメリット・デメリット

大手の予備校に通うメリットは実力のある講師の授業を受けられることです。進路指導や相談、情報提供などはすべて最新のものが揃います。だからこそ、受験勉強は自分だけではできないという人には、メリットが多い場所なのです。

受験勉強にベストな環境が整っているメリットに加えて、同じ環境で頑張る仲間の存在も、時にはありがたい存在にもなるのです。講義形式の勉強は、高校での授業スタイルと同じです。独学で勉強する際には、体感できない環境下での受験勉強が叶うのです。

デメリットとしては、授業という形態は受け身になりがちということです。そして費用的にも負担が大きくなるのは否めません。予備校では受験勉強のモチベーションがある程度保てていても、自宅に帰った途端に、次に何をすればよいのかが、わからない場合もあるのです。

独学で受験勉強するのが不安な方は

どうしても、独学で受験勉強が難しいと感じる場合には、まずは夏や冬の講習に参加するという手段もあります。それで、受験勉強のコツを伝授してもらい、再度この先、独学で受験対策ができるかどうかを判断すればよいのです。

受験を制するのは自分であること

大手の予備校の授業は100人単位の受験生が一斉に受ける形をとります。この雰囲気にのまれないように、自分の受験に対するモチベーションを保つことが絶対的に必要です。あくまでも、受験を制するのは自分であることを忘れないようにしてください。