大学 更新日 2018.02.24

東北地方にある国立大学、秋田大学の特徴やアクセス、各学部の偏差値、受験ボーダーは?

東北地方にある国立大学として知られる秋田大学。しかしその魅力は高い学力だけではありません。クラブ活動をはじめとした課外活動にも力を注いでいます。今回は秋田大学の特徴やアクセス、偏差値、受験ボーダーについて紹介します。

秋田県のシンボル的存在。秋田大学の概要と特徴

秋田大学の開学は、昭和24年と古く、開校以来、秋田県のシンボル的存在として今日に至っています。前身の秋田師範学校からの時代を経て、現在の秋田大学となりました。昭和36年には、当時の天皇皇后両陛下が施設に訪れるなど、国立大学としての注目度も高かったことがわかります。開学当初より男子学生の割合が多いことでも知られていましたが、徐々に女子学生も増え、昭和59年には女子寮も作られるなど、女子生徒を意識しての取り組みも進めてきました。 
秋田大学の主な学部には、医学部や理工学部、教育文化学部などがあります。生徒数は、概ね4,550人ほどであり、医学部には約1,100人ほどが在籍しています。文武両道を掲げており、部活動も盛んに行われます。数多くのクラブがある中でも、特に強くて知られるのが硬式野球部や弓道部、ハンドボール部などです。中でもハンドボール部は実績のある監督を招き入れるなど、強化に努めています。
また、秋田大学は地方創生に向けての取り組みでも中心的役割を果たしています。具体的な活動としては、産業育成や地域振興に向けて若い世代の力を活用して盛り上げていこうというものです。

秋田大学の交通アクセス

秋田大学の住所は、秋田県秋田市手形学園町1-1です。最寄り駅の秋田駅からは徒歩で約15分のところに位置しています。近辺を走る路線バスを使えば、5分程度で到着することも可能です。
秋田までのアクセスについては鉄道と飛行機がメインとなるでしょう。秋田新幹線こまちを使えば、東京駅からおよそ4時間、飛行機では羽田空港から約1時間で秋田空港に到着します。大阪からの場合、大阪空港から秋田空港までは約90分ほどです。

秋田大学の学部別偏差値と受験ボーダー

秋田大学の学部別の偏差値や受験科目、ボーダーラインなどについては、下記の通りです。

教育文化学部
偏差値54
受験科目:国語・外国語(英語・ドイツ語などの中から1つを選択)・選択(地歴・公民・数学・理科の中から1つを選択)
ボーダー:前期63%・後期67%

医学部(医)
偏差値69
受験科目:国語・数学・理科・外国語(英語・ドイツ語などの中から1つを選択)・選択(地歴・公民の中から1つを選択)
ボーダー:前期86%・後期87%

医学部(保健)
偏差値55
受験科目:国語・数学・外国語(英語・ドイツ語などの中から1つを選択)・選択(地歴・公民・理科の中から1つを選択)
ボーダー:前期64%・後期70%

国際資源学部
偏差値50
受験科目:国語・数学・理科・外国語(英語・ドイツ語などの中から1つを選択)・選択(地歴・公民の中から1つを選択)
ボーダー:前期59・後期63

理工学部
偏差値50
受験科目:国語・数学・理科・外国語(英語・ドイツ語などの中から1つを選択)・選択(地歴・公民の中から1つを選択)
ボーダー:前期60%・後期65%

秋田大学は地域の中心的役割を担う大学

昭和24年の開学以来、一貫して地域の中心的役割を果たしてきたのが秋田大学です。秋田駅から徒歩圏内という抜群のロケーションもさることながら、文武両道を掲げて活発に行われる部活動にも注目が集まります。地域創生の象徴となるなど、その存在感は増すばかりです。