大学 更新日 2018.03.15

早稲田大学の特徴やアクセス、各学部の受験科目、偏差値は?

「私立大学といえば??」という疑問に対してみなさんは何と答えるでしょうか。今回は、私立大学トップとして長年君臨し続ける「早慶」の「早」、早稲田大学について、その特徴やアクセス、各学部の受験科目、偏差値について詳しくまとめました。

早稲田大学の特徴は?

早稲田大学の設立は昭和24年02月21日。偉人として教科書にも必ず掲載されている「大隈重信」によってつくられました。大学の目的に、「アドミッションポリシー」、「カリキュラムポリシー」、「ディプロマポリシー」の3つの方針を掲げています。
学部では最も偏差値の高い学部として、政治経済学部が有名です。生徒数をみると2017年度では49,582人、近年3年ほどみても5万人弱で推移しています。2017年度の教員数は2030人。過去3年をみても大体2000人強であり、生徒・教員数に大きな変化は見られません。体育会・部活動では、箱根駅伝でトップ常連の競走部が最も実績がある部活だといえます。

早稲田大学のキャンパスとアクセスについて


早稲田大学は全国で7つの場所にキャンパスがあります。東京都新宿区にある早稲田キャンパス、西早稲田キャンパス、戸山キャンパス、同じく中央区にある日本橋キャンパス、埼玉県にある本庄キャンパス、所沢キャンパス、そして、福岡県にある北九州キャンパスです。本部と、その他3つのキャンパスが東京に集中しており、都内に軸を置いている大学です。本部がある早稲田キャンパスの最寄り駅は高田馬場駅、西早稲田駅で、それぞれの駅から徒歩で行くことができます。

早稲田大学、各学部の偏差値と受験科目

ここでは、全学部の偏差値と受験科目についてまとめました。早稲田大学には13の学部があります。

政治経済学部:偏差値67.5~70
文学部:偏差値62.5〜70
文化構想学部:偏差値62.5〜67.5
この3学部の受験科目は国語、外国語、地歴の3科目になります。

法学部、商学部、社会科学部:偏差値67.5
人間科学部:偏差値62~67.5
受験科目は4学部とも国語、外国語、地歴・公民・数学から1つ選択の3科目です。

国際教養学部:偏差値65
受験科目:外国語、国語、地歴と数学から1つ選択の3科目

教育学部:偏差値60~65
受験科目:外国語、国語、地歴と公民から1つ選択の3科目

先進理工学部:偏差値62.5〜67.5
基幹理工学部:偏差値65
受験科目:外国語、理科、数学

創造理工学部:偏差値62.5〜65
受験科目:外国語、理科、数学+実技

スポーツ科学部:偏差値60
受験科目:外国語、小論文、国語と数学から1つ選択の3科目

総合大学でも多様な学びができるのが早稲田大学

早稲田大学は歴史ある共学の総合大学です。学部には文系、理系ありますが、双方とも高い偏差値を保っており、多様な学びができるのが特徴です。